魂の黄金法則~迷う心を断ち切ると発動する

人生をどのように創造していくか。それは、あなたが自由に決めてよい問題です。人間関係でも、人々と自分の心地よい距離感を好きなようにつくりだせばそれでよく、ステレオタイプに決め付ける必要はありません。すべて、もっと自由に考えてよいのです。また、引き寄せやお祈りの中身についても同様です。自分の理想があるなら、自由に祈ることができるのです。

自分が積極的に方向性を決めて動く

自由意志を発動させることで、潜在意識や神仏からの反応や導きも授かります。一歩を踏み出すならば、方向性にズレがあると、それを「指摘してくれる何か」がおきてくるので、軌道修正も自然にできるのです。いちばんいけないのはあれこれと迷っていることです。迷うばかりで行動できないと何も起こらず何も変わりません。その迷いを断ち切り、「こうだ~!」と自分の方向性を定めて、突き進むことで、あらゆる問題が好転していきます。プラスの自己暗示を続けたり、神仏への祈りととともに日々をおくる人の場合、必ずそうなるのです。

壁を乗り越えるために必要なもの

誰でも、いろいろな活動をすればするほど、社会との軋轢も生まれます。これは避けられないものです。しかし、人生というのは自分が、「こうだ~!」と思って、断じて実行すると、壁が打ち破られるようになっているのです。禅の言葉に「大死一番」というものがあります。人間、死ぬ気で一点突破をめざせば、必ず成功する、という極意を教えているのです。自分を救うのも、人生の理想実現も、すべて、あなたの「こうだ~!」という強い意志で実現します。そのような勇猛心にこそ、奇跡や神様が来て、加護と応援を授けて下さるのです。

神仏の加護と応援をもっと授かるために

天佑神助が降りて来るには、あなた自身の「こうだ~!」という強い意志が必要です。まさに「大死一番」の境地ですべてに立ち向かって環境や気分に負けないように、自分に言い聞かせること。これがもっとも大切です。「大死一番」の気迫で、死ぬ気で向かえば、結果的にあなた自身が生きることができるのです。迷いが多いとパワーも消えてしまいます。迷いを捨てて自分がこうだと思うことを断じて行うのです。「断じて行えば、鬼神も退ける 」ということです。「大死一番」の気概で、自分の理想、やりたいと思うことをつらぬいてください。自分には神仏の応援があると確信し、自信をもって進んでみましょう。そうすれば、すべては好転します。「大死一番」。これが開運の極意です。

「他者を軸にする思考」からの解放

自分以外の誰かの思考に振り回されて悩んでしまう人が非常に多いです。悩みの多くは、周囲の誰かの考えや評価を気にして、発生しているともいえます。過去に親に言われた言葉、過去に上司に言われた言葉、過去に配偶者に言われた言葉。友達に言われた言葉、テレビで耳にした言葉。こういった「他の誰かの思考」に支配されているためにあなた本来の幸せを阻害していることが多いのです。「他者思考」「自分思考」と分けることもできますが、人生は「他者の思考」にふりまわされていると苦しみが多くなります。
「自分の思考」、つまり、自分が生きたい道をしっかりと考え、選び、他者の思惑に左右されずに自分の道をまっすぐに歩いて行く時、幸せに満ちていきます。他者の評価や承認を求める生き方では幸せになれません。大切なことは、この世でどう生きて、どう死んでいくかです。その道はあなたの自由意志で「立志発願」して良いのです。
新刊『魂の黄金法則~あなたの人生を好転させる積善の秘密』

あわせて読みたい関連記事: