潜在意識を改革する方法

潜在意識の中にある思考と感情を良い状態にしていくのは、潜在意識というコップの中に濁った水が入っているのをこれから、一滴一滴、透明な水を滴下していって、これを完全に入れ替えていこうというのですから、一歩一歩、歩む覚悟をもたないといけません。あせらず、これまでの人生でできてしまった潜在意識の中のプログラムを軌道修正していくことが大切です。

性格は生まれてから今日までの思いの積み重ね

人の体が食べたものでできているように人の心は、心にインプットしたものでできていますので、これからは、良いものをインプットしようと自分でそう決心していただいたらそれでよいのです。すぐにはなかなか変わりませんが、禁煙と同じで何度かチャレンジしているうちに最終的にタバコをやめられるように、マイナス思考もやめられます。大切なことはチャレンジを続けることです。それがないと何もおこりません。

思いとは心のつぶやき

「わかる」というのは、行動に変化がでたときにいえることで、最初は、知識として「知っている」に過ぎません。知っている⇒わかる、になるには、体で覚える必要があります。「よき言葉をつぶやく」という行動をまず実践してください。このまま「ダメなんだ」と思っていれば、変わりませんし、「いや、ここから変えていこう」と、強く情熱的に決心をするならば、じょじょに変化します。自分でしっかりと決心をすることから動き始めます。すべては「つぶやき」からです。呟きを変えましょう。

思考を意識化する取り組み

心をあたらしいものに変えていくには、いろいろな作業が必要です。それなしで、ぽんと変わるというものではないのです。最初にすることは「心がけを変えよう」と決心し、その決心を毎日毎日毎日、行うことです。今日こそは、今日こそは、と思って日々をおくることです。まずは決心をしてください。自分で自分に宣言をしてください。これがつぶやきということです。「私は必ずよくなる」「私は必ず変われる」「私は必ずどんどんよくなっていく」つぶやきを変える努力を第一にしてください。朝から晩までの己の心のつぶやきです。それをあるがまま自然にしていると何も変わりません。惰性があるので改善しません。自分から意図的によい言葉をつぶやいてください。

自然に浮かぶのではなく意図的に思考を浮かべる

つぶやきの言葉は自分で複数選んでおけばいいです。「どんどんよくなる」「すべてはうまくいっている」でもいいですし、「私は毎日あらゆる面においてますますよくなっている」でもいいです。自然に浮かんでくる思いにふりまわされないことです。明るく発展的で前向きな思いだけが自分の真の思いであり、暗く退廃的で後ろ向きな思いは、過去の習慣の産物です。それは真の自分ではないと見破ってください。毎日、この見破る作業と、あらたにプラスの言葉をつぶやく作業を自分の努力項目にすえていきましょう。最初は意図的にしているとしてもいずれは自然につぶやきが変わってきます。そこまでもっていくまではそこに集中をしていくことが大切です。

あわせて読みたい関連記事: