医師のメールカウンセリングで、うつ、パニック、不安を解消

うつ、パニック、不安などのメンタルの症状は、カウンセリングを活用することで、改善する確率が高いことがわかっています。うつ病は、2010年4月から、保険診療の中で認知行動療法が受けられるようになりましたが、まだまだ普及はしていません。

一般のカウンセリングはコスト面で続かない人も多いのが現状

また、施設に受診することがそれほど頻繁にできないため、カウンセリングの効果が十分に出せないことも多いのです。うつ、パニック、不安など、メンタルの悩みを抱えている人にとって、頻繁にカウンセリングが受けられる環境があると良いのですがなかなか費用面でも困難です。一度のカウンセリングが保険診療出ない場合が一時間五千円ぐらいしますので、続かない人も多いのです。それでも、個別にカウンセリングをすることで良くなる人がいるのも事実です。自分だけのためにアドバイスをもらい、話を聞いてもらうことは、人生の問題解決を促進します。なんとか気軽にカウンセリングを受けられないものかと考えている人も多いのです。また、メンタルの病気を抱える家族がいて、その家族をなんとか助けたいという人もいます。そのような人こそサポートが必要です。配偶者や子供が引きこもり、あるいは、メンタルの疾患を抱えている。配偶者や子供の問題というのも深刻なのです。

自宅にいながら医師のメールカウンセリングを受けるメリット

また、自宅から遠方まで出れない人も多いですね。地方に住んでいたり、家庭の事情で遠出できない人もいます。こんな場合はメールカウンセリングが便利ですが、これも、一般のものだと、メール一往復が三千円ほどかかります。何度も繰り返せば費用が膨らみ家計を圧迫してしまいます。結局、さまざまな要因から、一般のメールカウンセリングも気軽に受けられないのが実情です。そこで、月額3888円のみで、回数無制限に医師によるメールカウンセリングが受けられる、SNS形式の「治そうメンタルSNS」を立ち上げました。非常に画期的なシステムです。精神科医から「一生飲み続けないといけない」と言われていた精神科の薬が完全にやめられた人や、減薬に成功した人が、続出しています。夫婦の悩み、親子の悩み、仕事の悩み、対人関係の悩み、健康に関する悩み、いじめに関する悩み、スピリチュアルの問題など、幅広く、解決できるメリットがあります。
詳しくは下記をクリックしてください↓↓↓
治そうメンタルSNS

あわせて読みたい関連記事: