前世療法

他者を責め憎む念の及ぼす影響

45歳のキャリアウーマンのA子さんは、自分の母親を憎んでいます。幼少時にあまりに厳しい育てられ方をしたためです。A子さんは、親に感謝の気持ちなど欠片もないと言います。そして、現在、老いて病気を抱える母親に対して、部屋が片付いていない、孫に体...
前世療法

前世療法の効果

前世を思い出すことで、今生の自分の真の目的を思い出すことになります。それは忘れかけていた大切なものを思い出すことです。今生のテーマ、今世の使命、今自分がなすべきこと。何のために生まれて、何をして生きるのか。死ぬまでに自分がやりとげるべき本当...
スピリチュアル

パーソナル・リアリティと普遍的信仰心

奇跡的な大開運を引き寄せる方法を知っていますか?あなたの内面世界の在り方、境地、向かう方向、それが、あなたの今の現実を生み出しています。「パーソナル・リアリティ」というものです。もし、うまくいかないことが多いなら、それはあなたの心の中に本当...
スピリチュアル

対人関係のトラブルを解決する方法

人情の機微を理解する 「職場でこんな嫌な目にあいました。その仔細はかくかくしかじかで、私はこのように正しく、相手はこのように悪いのです。」こういった内容の相談はとても多いです。職場だったり家庭だったり夫婦、親子、SNSなどさまざまな環...
スピリチュアル

家代々の繁栄、衰退と夫婦の関係

『易経』にある有名な言葉。「積善の家には余慶あり。積不善の家には余殃あり」。 人に恨まれるような方法で、自分の繁栄、成功を成し遂げた先祖のいる家系は、多くの場合、三代か四代で衰退し、最終的には絶えていくものです。人の怨念で本家は滅亡し、か...
スピリチュアル

瞑想の弊害~無の瞑想は危険

ヨガ系の瞑想では、無念無想をめざします。そのために意味のよくわからないマントラに集中させたり、シンボルマークなどに集中させて、無念無想を作り出す訓練をさせます。これはきわめて危険な行為です。たしかに「静中の静」はそれなりに練習できます。しか...
スピリチュアル

霊界ばかりに思いをはせることの危険性

この世の自分を改善し向上させる努力をせず、あの世での生活に希望を託すあり方はきわめて危険で愚かな道です。 なぜなら、この世で経験したこと以上のことをあの世で経験することは困難だからです。 霊界は意志と想念の世界であり、その意志と想念はこ...
スピリチュアル

具体的成果につながらないと虚しさを感じる

自分なりに目標をもって一生懸命に一つのことで 頑張って5年、10年とそれを継続してきたら、 ふと、自分の幸せって何だろうと、 立ち止まって考えてしまうことがあるものです。 男女とも35歳以降にもなると、 肉体的にどうしても...
スピリチュアル

身の回りから始める積善の道

論語に「五十にして天命を知る」という言葉がありますが、 50歳を迎えるまでに自分が生まれてきた目的を悟れる人は幸せです。 60歳は人生の決算期であり、この時点までにしたことで おおむね死後の行き先も来世も決まります。 50歳...
スピリチュアル

魂は進歩向上するために転生する

魂とは、生まれ変わっている核のようなものです。 これをさして、仏性といったり、神性といったり、 神の子といったりしているのです。 霊とは魂の衣であり、霊の衣が肉体です。 私たちの意識はそのすべてに偏在しますので、 肉体の意...