自分よりもうまくいっている人を見たとき

自分より良い条件で就職できた人、
自分よりも豊かな人、賢い人、

自分より恵まれた幸福な人を見たとき、
人はしばしば、妬みを持ちます。
理不尽さに腹を立てることもあるでしょう。

そんな時、「妬む」「腹を立てる」という「選択」を
あなたは自分でしています。

うらやましいという意識があるので腹が立つのです。
妬みがある時、あなたはその概念を「否定」しています。

美人を妬むことは自分が美しくなることの否定、
賢い人を妬むことは自分が賢明になることの否定、
お金持ちを妬むことは自分が豊かになることの否定です。

このため、妬みがある限りは、
自分が幸せを得ることはできません。

では、どうすればいいのでしょうか。
それは相手を祝福すればいいのです。

自分より美人である、裕福である、
運がよい、それを祝福して「おめでとう」と祝うのです。

なぜならば、前世、その前の前世と
努力した結果として、今、彼らは恵まれているからです。

彼らは過去において、学問を積み重ね、
布施をして徳を積んできたのです。

だから、賢い頭に生まれ、
金持ちに生まれ、美人に生まれ
幸せな人生をすいすい歩ける人になったのです。

それだけの努力をし、善徳を積んだ過去があったから、
今があるのです。

その努力をほめ、その見えない苦労をたたえ、
祝福してあげることです。

そして、同じように自分も今こそ、
徳を積んで人のため尽くし、
学問研鑽の努力を積んで、相応の結果を
呼び込んでいきましょう。

自分を磨くことを立志発願することが大切です。
今と未来を変えるために
今の自分にできる努力を決意するのです。

本を読み学問を重ね、人に尽くし社会にかかわって
善徳を積んでいくのです。

それが魂の向上であり、自分を幸福にする道です。
人のことが妬ましい時、自分の努力がおろそかに
なっていることが多いです。

他者も自分も肯定するという努力をするとき
「天はみずから助ける者を助ける」という法則のとおり、
幸運がめぐりきたるのです。

彼らにできたことはあなたにもできるのです。
自分よりもうまくいっている人は、
あなたに「可能性」を教えてくれているのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: