前世療法はインチキという人に反論する

一部の脳科学者や催眠療法家の中には、前世療法をまるで目の敵にしているような人がいます。彼らは、魂が輪廻転生して、進化していく存在であるという世界観そのものを受け入れることを激しく拒否しているようです。もちろん前世療法は、その世界観の押しつけはしません。

そして、費用対効果を考えれば、一度のセラピーで多くの問題が解決し、多くても数回で問題解決を達成できると言う点で、前世療法を超えるヒプノセラピーの手法は存在しません。受けた多くの人は満足しているのに、一部のセラピストによって被害を受けた人が、前世療法そのものを批判しているということがあります。ワイス博士に匹敵する技量を持つセラピストは日本でも数名しかおらず、中途半端なセラピーをする民間セラピストがいるためにこのような風評もでるのでしょう。

そのことと、一部の学者が輪廻転生の世界観を攻撃したいがために、前世療法を批判しているのとがあわさって、批判が形成されているのです。その意味でも前世療法は確かなセラピスト(医師の催眠療法家)が深い見識のもとに行う高度なヒプノセラピーであるということなのです。このセラピーにおいては世界観の証明や前世の証明はむしろ不必要です。受けた方がそれを実感し、問題が解決するだけの悟りや気づきをその体験から得られて、現実に幸せになれば、良いだけなのです。

病気が治ったり、人生の苦難が解決したり、悩みから解放されていけばそれでOKなのです。精神科通院中や心療内科通院中であったり、過去に通院したことがある人は、医師によるヒプノセラピーをうけるようにしましょう。基本的に催眠療法は医師から受けるべきものです。前世療法の父と呼ばれるブライアン・ワイス博士も精神科医です。現在、日本には自称、催眠療法士がたくさんいますが、そもそも催眠療法士という名称は、国家資格ではありません。医師、看護師、鍼灸師などの国家資格とまったく違うもので、誰でも勝手に名乗ってもとがめを受けません。

このため医療知識も臨床経験も何もない人が、ある日、突然、サロンを開業しても違法になりません。この制度の隙間をぬって、医師以外の自称セラピストが増え、にわか仕込みの講習会などで民間資格をとり、サロンを開業する人が後を絶たないのです。その結果、中途半端な催眠療法がはびこり、病状が悪化したり、何の効果もなかったりするといった話になるのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: